Best One-ベストワン-

カメラ好きのカメラ好きによるカメラ好きの為のブログ

【スポンサーリンク】

MENU

カメラの基礎知識!ISO感度について徹底解説

 

f:id:nakamupapa:20181104102919p:plain

ISO感度とは

ISO感度とはカメラ(撮像素子)が光をとらえる能力のことを言います。

読み方は「イソ」「アイエスオー」「アイソ」「イソ」となどと読みます。
どれも間違いではないので好きな読み方で読みましょう。

  

デジタルカメラは撮像素子でとらえた光を電気信号に変え、最終的に画像に変換します。

 

ISO感度はこの電気信号を増幅/減衰させることで明るさをコントロールします。


ISO感度を上げることで、電気信号を増幅させ光をとらえる能力が上がります。

反対にISO感度を下げると電気信号は減衰し、光をとらえる能力は落ちます。

 

つまり、ISO感度を上げることで写真が明るくなり、下げると暗くなるわけです。

 

  ISO感度は数値で示される

 ISO感度は数値で示されます。


100が基準と覚えて下さい。

 

多くのカメラがISO感度100~200位が最高画質の感度(基準感度)になっています。

 

100を基準とした場合、200、400と数値は倍々になっていきます。

ISO感度を100から200にすると電気信号は2倍になり、200から400にすると更に電気信号が2倍といった感じです。

 

ISO感度と絞り値、シャッタースピードの関係

 

カメラにおいて露出を決めるのには三つの要素があります。
その3つが「絞り値」、「シャッタースピード」、「ISO感度」です。

このISO感度と絞り値、シャッタースピードには密接な関わりがあります。

 

 カメラに入る光の量は「絞り値」と「シャッタースピード」の組み合わせによって決まります。

その光の量に「ISO感度」がさらに組み合わさることで、最終的な写真の明るさが決まるわけです。

 

カメラにおいて「段」という表現が有ります。

この段とは光の量を段階化したものです。

たとえば、絞り値においては「一段絞る」「一段開放する」と表現したりします。一段絞ると光の量が半分になり一段開放すると光の量が倍になります。

 

シャッタースピードに関してもこの「段」があります。「一段速くする」「一段遅くする」と表現したりします。これも同様、一段速くすると光の量が半分になり一段遅くすると光の量が倍になります。

 

ISO感度においては「一段上げる」「一段下げる」と表現したりします。

たとえば、ISO感度を3200から6400にすることを「一段上げる」、800から400にすることを「1段下げる」といいます。

 

では、ここで問題です。

「F値4、シャッタースピード1/30、ISO感度100」の設定からF値を変えずにシャッタースピードを1/60に速めたいとき、一定の露出を保ったまま撮影するにはどうすればいいでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは「ISO感度を1段上げる」です。

ISO感度を100から200に一段上げることでシャッタースピード変更前と同じ露出を保つことができるのですね。

 

ISO感度と画質

 

ISO感度は絞りやシャッタースピードなど、他の条件を変えることなく明るさをコントロールできるという便利なものです。

ただISO感度を上げることでデメリットも出てきます。

 

ISO感度を上げながら撮影した写真がこちらです。 

 ISO100

f:id:nakamupapa:20181125001957j:plain

 

ISO400

f:id:nakamupapa:20181125002014j:plain

 

ISO1600

f:id:nakamupapa:20181125002020j:plain

 

ISO3200

f:id:nakamupapa:20181125002027j:plain

 

ISO6400

f:id:nakamupapa:20181125002040j:plain

 

おわかりいただけたでしょうか?

ISO感度が1600を超えたあたりから写真にざらつきがでてきています。

このように、ISO感度を上げることでノイズが発生してくるわけですね。

 

このノイズが発生する量はカメラの性能によって差があります。

 最近ではISO感度を上げて撮影してもノイズの少ない高感度に強いものも増えてきています。

 常用感度と拡張感度

カメラのスペック表などを見ていると「常用感度(常用ISO感度)」と「拡張感度(拡張ISO感度)」という言葉を目にすることがあります。

 

たとえば、下のようなマークを見たことがないでしょうか? 

f:id:nakamupapa:20181013210410p:plain

常用ISO?100~51200?

いったいこの数値は何を示しているのでしょうか?


まずは、常用(常用ISO感度)感度と拡張感度(拡張ISO感度)について説明していきたいと思います。

 

 常用感度(常用ISO感度)

 

常用感度とは「メーカーが定めた画質を保てる感度」のことです。

つまり、常用感度の範囲内であれば、ノイズは気にするほど発生しないということです。

ここでさっきのマークを見てみましょう。

f:id:nakamupapa:20181013210410p:plain

もうお分かりですね。

スペック表にこのマークのついたカメラではISO感度が100~51200の間が常用感度になってくるわけです。

ただ単に「ISO感度〇〇~〇〇」と書いたマークもありますが、これも同様に常用感度のことをあらわしています。

 

拡張感度(拡張ISO感度)

 常用感度より拡張された感度のことになります。 

カメラとして一応設定は出来ますが、著しく画質が劣化してしまいます。

どうしてもISO感度を上げたいときの緊急用と考えるのが良いでしょう。