The Best One

カメラ好きのカメラ好きによるカメラ好きの為のブログ

【スポンサーリンク】

MENU

RAWって?JPEGとの違いも徹底解説!

 f:id:nakamupapa:20180929215538j:plain

カメラの保存形式を選ぶ時にJPEGとRAWという形式を見た事があると思います。現在のデジタルカメラのファイル形式はこの2つが主流となっています。

今回はこの2つの違いに触れつつ、RAWの魅力について掘り下げていきたいと思います。

 JPEGとRAWの大きな違い

 JPEGって?

f:id:nakamupapa:20180909165803p:plain

 「JPEG」は画像ファイル形式の一つになります。

 

画像ファイル形式には他にも「PNG」「GIF」などがあります。

 

その中でも「JPEG」は圧縮率が高く、1677万色という多彩な色を再現できます。

そのため、写真などに向いたファイル形式だといえます。

RAWって?

f:id:nakamupapa:20180909165654p:plain

RAWは日本語で言うと「生の」「未加工の」という意味があります。

その名の通りRAWとは撮影時に加工することなく、そのままの状態で保存された「データ」になります。

 

RAWは非圧縮のデータである為、データ量が大きいという特徴があります。

 JPEGは「画像」、RAWは「データ」

前述したようにJPEGはイメージセンサーから取り込んだ情報を画素処理エンジンで加工した「画像」ファイルになります。

 一方、RAWは撮影時の情報を一切加工していない「データ」として保存されたものになります。

RAWは現像が必要

カメラに取り込まれた光はまず、RGBの3色に分解されます。

RGBはRed(赤)、Green(緑)、Blue(青)の光の三原色のことですね。

 

「JPEG」の場合、RGBの情報は画像処理エンジンにより圧縮され画像ファイルとして復元されます。

 

f:id:nakamupapa:20180929172954p:plain

 

「RAW」の場合、RGBの情報はそのままの状態のデータとして保存されます。

そのため「RAW」は最終的にJPEGなどの画像ファイルに変換しないと画像として閲覧できません。

 

そこで現像ソフトを使って生(未加工)のデータであるRAWデータをJPEGなどの画像ファイルに加工する必要があるわけです。

 

この「RAW」を画像ファイルに変換する作業を「RAW現像」といいます。

 

RAW現像は専用のソフトなどを使って行われます。

 

RAW現像ソフトは各メーカーから無料で提供されています。

RAWファイルは各メーカーで拡張子が異なるため、他社の現像ソフトを使って現像を行うことはできません。

 

LightroomやPhotoshopなどサードパーティー製の現像ソフトは幅広い拡張子に対応しているため、様々なメーカーのRAWデータを現像することができます。

RAWは後からの補正に向いている。

f:id:nakamupapa:20180916111513j:plain

JPEGはデータを圧縮して小さい容量で保存ができます。

 

ただしJPEGは圧縮する際にデータをある程度切り捨ててしまいます。

この切り捨てたデータは元に戻せない不可逆圧縮のため、画像を編集するたびに画像が劣化していくことになります。

 

圧縮しすぎると画質に影響が出てノイズが出てしまうこともあります。

 

一方、「RAW」は撮影後カメラ内で加工することのない”非圧縮”のデータである為、露出や色味の調整を劣化させることなく編集する事ができるのです。

白とびや黒つぶれしてしまっている様に見える画像もその部分にしっかりとデータが残っているため、復元することが容易になります。

 

 例えば、以下の写真のような暗くてはっきり見えない画像でもRAWデータであれば簡単に復元ができます。

f:id:nakamupapa:20180930201921j:plain

この画像の露出を上げると、、、

 

f:id:nakamupapa:20180930202332j:plain

 このように復元できました。

 

後々編集できるという点では、撮影時に細かい設定をあれこれ考えなくてよいのもRAWのメリットといえます。