The Best One

カメラ好きのカメラ好きによるカメラ好きの為のブログ

【スポンサーリンク】

MENU

「位相差AF」「コントラストAF」「像面位相差AF」オートフォーカス方式の違い

f:id:nakamupapa:20180729175251j:plain

オートフォーカスとは自動でピントを合わせてくれる機能です。

一括りにオートフォーカスといっても様々な方式があります。

今回は「位相差AF」「コントラストAF」「像面位相差AF」の違いや特徴について説明していきたいと思います。

位相差AF

「位相差AF」はレンズから取り込んだ光をセパレータレンズにより2つに分け、結像した像の間隔が「本来合焦した時の間隔」からどれくらいズレが生じているか検出しピントを合わせる方式です。

f:id:nakamupapa:20180729133151p:plain

 

レンズを動かすことなくピント合わせができるため、合焦のスピードが速く、スポーツや動物など動いている被写体を撮影するのに向いています。

 また、後述する「コントラストAF」と比べるとオートフォーカスの精度は劣ります

 

セパレータレンズやピント合わせ専用の位相差センサーを搭載する必要があるためカメラの小型化が難しいというデメリットもあります。

主に一眼レフカメラに搭載されるAF方式になります。

 

コントラストAF

f:id:nakamupapa:20180729173129j:plain

 

「ピントが合っている部分は最もコントラストが高くなる」という性質を利用したAF方式です。

撮像素子に写った画像をもとに、レンズを動かしながら明暗差が大きなところを探してピントを合わせます。

よくカメラ撮影時に液晶画面の映像が前後に動いてボケたり、ピントが合ったりするのはこのコントラストAFによるものです。

 

 「位相差AF」に比べて、オートフォーカスの精度は高くなります

ただし、オートフォーカスの速度は「位相差AF」に劣ります

 

また、セパレータレンズや位相差センサーが不要なため、カメラの小型化が比較的容易になります。

 

主に、コンパクトデジタルカメラ、スマートフォン、ミラーレス一眼カメラ、ライブビュ―使用時の一眼レフカメラに使われます。

 

像面位相差AF

「位相差AF」はAF速度は速いですが、精度が劣り、「コントラストAF」はAF精度は高いですが、AF速度は劣ります。

 

この二つのデメリットを克服したAF方式が「像面位相差AF」になります。

 

「像面位相差AF」は像面(撮像素子)を使う位相差AFになります。

 

イメージセンサーの一部を位相差センサー代わりに利用することでセパレータレンズや位相差センサーなしで素早いオートフォーカスが可能になります。

かつ、イメージセンサーに組み込まれている分オートフォーカス精度が安定します

 

 速くて、精度の安定したオートフォーカスが可能な「像面位相差AF」ですが、デメリットも存在します。

 位相差センサーとして使われる部分の画素は画像の生成には使われないので、その欠損した画素を周辺の画素で補う必要があります。

そのため、画質が落ちてしまう場合があります

 

また、「位相差AF」に比べ、測定するセンサーが小さいため、暗所でのオートフォーカスに弱いというデメリットもあります。

 

上記2つのオートフォーカス方式と比べると比較的新しい技術になり、一部のミラーレスカメラやスマートフォンに採用されています。