The Best One

カメラ好きのカメラ好きによるカメラ好きの為のブログ

【スポンサーリンク】

MENU

フレアとゴーストって何?防止策も紹介!

フレアとは

太陽の光など強い光源の影響で写真の一部又は全体が白っぽくなりコントラストが失われてしまう現象のことです。

f:id:nakamupapa:20180717222913j:plain

 

レンズ内に入り込んだ光が反射し、写真の暗部に光が漏れてしまう現象です。

 

コントラストが失われるだけでなく、写真のシャープさも失われるのでなんとなくねむたい感じの写りになってしまいます。

 

ハレーションとの違い

ハレーションという言葉があります。よくフレアと混同されがちですが、厳密に言うとフレアとハレーションは違うものになります。

症状としてはフレアと同様白っぽい写りになってしまうのですが、この二つは発生の原因が違います。

ハレーションはフィルム等に強い光が当たった時、光層を通り抜けた光がフィルムベースの裏側で反射されて戻ることで発生します。

 

この様にハレーションはフィルムカメラに起こる現象なので、デジタルカメラが主流になった現在ではあまり使われる事のない言葉ですね。

 

ゴーストとは

フレアと同様、強い光源の影響により光の輪の様なものが写る現象のことです。

f:id:nakamupapa:20180717222104j:plain

レンズ内で反射した光が絞りの形や楕円の形になって写りこみます。

 

 

対処法

フレアやゴーストを抑えるにはいくつかの方法があります。

 フードを付ける

f:id:nakamupapa:20180717225650j:plain

フレアもゴーストも強い光源が原因になっていますね。

つまりこの光源をカットすることができれば抑えることができます。

 

フードを付ける事でレンズに写る余計な光をカットし、フレアやゴーストを抑えることができます。

 

ただし、レンズに適していないフードを付けると「ケラレ」が発生してしまうので、そのレンズに適した純正のフードを使うようにしましょう。

 

「ケラレ」って?
撮影画面の周囲に黒い影が映ってしまうこと。レンズフードやフィルターが原因になることが多い。

 

ハレ切りする

ハレ切りとは「ハレーション切り」の略でレンズに入ってくる強い光源を遮って直接レンズに入ってこないようにすることです。

 

よくある方法として「ハレ板」というものがあります。

 

カメラに当たる太陽光などが直接レンズに入らないようにカメラ上部につけた板で遮ります。

 

こういう感じの板ですね。

f:id:nakamupapa:20180708160230j:plain

フレキシブルアームフレンチフラッグタイプ AAA-4080

 

ハレ板は自作で簡単に作れます。

費用も安く済むので自作する事をオススメします。

 

順光で撮る

逆光、半逆光の時にフレアやゴーストは発生しやすくなります。

順光で撮影すると直接レンズに光が入らないのでフレアやゴーストは抑えられます。

 

ただ、構図が変わってしまうというデメリットもあります。

 

レンズコーティングで防ぐ

 

レンズコーティングでフレアやゴーストを抑えることもできます。

 

ただし全てのレンズにコーティングがされているわけではないので注意が必要です。

下記は各メーカーのフレア、ゴーストを抑えるためのレンズコーティングの名称です。

 

キヤノン・・・SWC、ASC

ニコン・・・ナノクリスタルコート

ペンタックス・・・HDコーティング

タムロン・・・eBANDコーティング

シグマ・・・スーパーマルチレイヤーコート

 

など

実際に持っているレンズを確認してみましょう。

 

絞りすぎない

絞りを絞るとゴーストの輪郭がクッキリと写ってしまいます。

それを防ぐ為にはF値を開放に近づけることで緩和することが出来ます。

 

いっそ利用してしまう

f:id:nakamupapa:20180717225143j:plain

ここまでフレアやゴーストを抑える方法を書いてきました。

でもこれらは写真の表現として意図的に使うこともできるんですね。

 

フレアは柔らかい印象を与えることができますし、ゴーストは夏のさんさんと照り付ける太陽の光を表現するのにピッタリです。

 

最後に

フレアやゴーストを抑える方法を書いていると

「フレア、ゴースト=悪」

と捉えられがちです。

 

 

必ずしもそんな事はなく、対処法の中にも書いたように状況によってはそれは表現技法の1つになりえます。

 

あえて、これらを利用して写真を撮ってみれば写真の幅が広がって楽しいかもしれませんね。