The Best One

カメラ好きのカメラ好きによるカメラ好きの為のブログ

【スポンサーリンク】

MENU

一眼動画をワンランクアップ!あると便利な機材3選!

f:id:nakamupapa:20180703210711j:plain

 

一眼カメラによる動画は本当に美しい映像が撮れます。

一眼カメラの動画性能が日々進化している中、最近筆者もカメラで動画をよく撮っています。

 

今回は一眼カメラで動画撮影をする際にあると、プロの様な表現が可能になる機材を紹介していきます!

三脚

手ブレを防いだり、水平を保ったり、長時間の動画撮影にも便利な三脚。

 

ひとくくりに三脚と言っても様々な種類があります。

 

では動画撮影用にはどのような三脚が適しているのでしょうか?

選び方のポイント

耐荷重に気をつける。

三脚を選ぶ上で重要なポイントと言えます。積載するカメラ等の重量に合わせた耐荷重の三脚を選ぶようにしましょう。

 

ただし、耐荷重ギリギリの三脚を選ぶとしっかりと安定せず、グラついたりすることがあります。

 

積載するカメラ等のだいたい2倍位のものを選ぶようにしましょう。

 

どのタイプの雲台にするか。

よく見る雲台では「3WAY雲台」と「自由雲台」というものがあります。

 

 

3way雲台

f:id:nakamupapa:20180703210248j:plain

3way雲台は上下、左右、傾きの方向に対して個別に角度を調整できる雲台になります。

各方向ごとに個別に操作ができる為、構図の微調整が可能になります。水平を取るのも比較的簡単です。

風景などじっくり構図を考えて撮影したい時に便利ですね。

3way雲台のデメリットとしては、まず素早い構図の変更が難しいという事です。

構図を変更するのに時間がかかってしまうため、動きのあるものの撮影には不向きかもしれません。

 

またかさばるというデメリットもあります。3way雲台は3方向の操作をする為に2本のハンドルが付いています。


その為、大きく、重たくなってしまうんですね。

 

 

自由雲台

自由雲台は台座部分のソケットに自由に動くボールが付いていて、ソケットのつまみでボール部分を締め付けて角度を固定する雲台です。

自由な角度に素早くカメラをセットすることができます。

スポーツや子ども、野鳥など素早く動く被写体の撮影に向いています。

シンプルな構造上、小型で軽量なものが多いのもメリットです。

 

デメリットとしては自由雲台は角度の微調整が難しいという事です。

 

 

  

動画用の雲台もある。

動画用の雲台というものもあります。

写真用の雲台は固定した状態での使用を前提に作られていますが、動画用の雲台は動かしながらの使用も視野に入れた設計になっています。

 

代表的なものとしてはフルード雲台があります。

基本的なカメラワークであるパン(左右に振りながら撮る方法)やティルト(上下に振りながら取る方法)がしやすく、滑らかなカメラワークが可能になります。

 

動画撮影にはやはりこのビデオ用の雲台の三脚がオススメです。

 

もちろん写真撮影用にも使うことができます。

おすすめの三脚

Velbon 三脚 レバー式 EX-640N

 

3way雲台のアルミニウム製三脚。

カメラを三脚から素早く取り外せるクイックシューに対応しています。リーズナブルで初心者にも手が出しやすいです。

 

 

SLIK グランドマスタースポーツ 2

 

プロ志向の3way雲台式三脚。大きくて重量もあり、携帯性には優れませんが安定感があります。

 

 

 Manfrotto コンパクト三脚 Befree アルミ 4段 ボール雲台キット MKBFRA4-BH

自由雲台のアルミニウム製三脚。クイックシュー対応。コンパクトに収納でき、旅行等に気軽に持ち運べます。

 

 

Manfrotto 三脚 ツイン3段アルミ MSタイプ ビデオキット MVK502AM-1

 

 

スタビライザー

スタビライザーとは動画を撮影する時、映像を安定させる為の補助機材です。カメラを水平に保ったり、手ブレを防ぐことができます。

プロの様な滑らかな動画が手軽に撮れます。


Sony alpha a6000 + FeiyuTech a1000 First Test

 

選び方のポイント

機械式か電動式か

スタビライザーには大きくわけて「機械式(アナログ)」と「電動式(デジタル)」があります。

 

機械式はやじろべえの原理と同じで、重りでバランスを取って水平を保ちます。

 

手動で操作する為、突然の不意な動きにも対応しやすいのが機械式のいいところです。

 

また、リーズナブルなものが多いので初心者でも気軽に試すことができます。

 

ただし低価格なものは手ブレ補正力がよくないものが多いので、あまりおすすめはできません。

 

機械式のデメリットとしてはバランスの調整に時間がかかる事です。

レンズを交換した時などにも再度バランスを調整しないといけないのでこれまた面倒で時間がかかります。

 

電動式はモーターを使って水平を保ちます。

モーターによる調整なので、設定が比較的簡単で、時間もかかりません。

 

デメリットとしては電動スタビライザーは突然の不意な動きに弱いという事です。機械式と比べると反応速度が少し落ちてしまいます。

 

また電動式は機械式に比べ、高価なものが多いです。

カメラ用の電動スタビライザーとなれば、最低でも5万円位は見ておいた方がいいでしょう。

 

おすすめのスタビライザー

フライカムC5

 

機械式のボディマウント型(スタンドタイプ)のスタビライザー。

 このタイプのものは重量があり、風に強いのが特徴です。重量がある分持ち運びにはあまり適しません。

Feiyu Tech(フェイユーテック) a1000 3軸カメラスタビライザー

 

中国を代表する精密機器メーカーである(フェイユーテック)社の電動式スタビライザー(ジンバル)。

耐荷重は150g〜1000g。片手持ちと両手持ちを簡単に切り替えれます。一眼カメラだけでなく、アクションカムやスマートフォンも取り付ける事ができます。

 

 

スライダー

スライダーは横や斜め方向への滑らかなカメラワークをさせる為の機材です。

 


-2016 summer- 夏影 【一眼レフカメラ・スライダー撮影テスト】 Nikon D3300

 

この様にスライダーを使えば没入感のある美しい映像を撮ることができます。

 

選び方のポイント

長さ

スライダーの長さはできれば80cm以上ほしいです。60cmでも結構な長さがある様に見えますが実際使ってみると、もうちょっと長い方がよかったなんて事がよくあります。

 

ただ、長さはどうしても携帯性とトレードオフになってしまうため、用途に合った長さを選ぶ様にしましょう。

 

フライホイール式かどうか

f:id:nakamupapa:20180704221848j:plain

フライホイールとは日本語で弾み車と呼ばれ、回転系の慣性モーメントを利用した機構に用いられる機械要素のことらしいです。

 

フライホイール搭載のスライダーは手動でも一定の速度で動かす事ができ、動きにムラが出来ません

機械で動かした様な滑らかなカメラワークが可能になるわけですね。

 

ただ、フライホイールが搭載されている分、重くなってしまうというデメリットがあります。

 

また、フライホイール搭載型は高額になってしまいます。

予算が許すのであれば、フライホイール搭載のスライダーを購入したいものですね。