The Best One

カメラ好きのカメラ好きによるカメラ好きの為のブログ

【スポンサーリンク】

MENU

よく聞くホワイトバランスって?その基礎について解説します!

f:id:nakamupapa:20180505003635j:plain

カメラを始めるとホワイトバランスという言葉を聞いた事があると思います。

聞いた事があっても、意外と使っていないこの機能について今回は解説していきたいと思います。写真の雰囲気ががわりと変わりますよ。

 

 ホワイトバランスって?

 

簡単にいうと

 

白いものが白く写されるように色味を調整する機能のことです

 

ここで思うことが〝白い被写体なんだから普通に写真を撮れば白く写るんじゃない?〝ということです。

確かに人間の目で見れば白いものは白く認識することができます。

しかしながら、カメラだとそう上手くはいかないのです。

例えば、電球の下で撮影した白い被写体は赤っぽく写ります。青空の下では青味がかったりします。

これは光の種類によって色が付いていることが原因になっています。

そして、カメラの撮像素子はこの色の違いをそのまま出力するため、写真全体に色が付いてしまうのです。

 

色温度について

 

上で記述した様に光には種類によって色が付いています。

この色味を温度に例えて表現したものを『色温度』といいます。色温度の値は『K(ケルビン)』で表されます。

 

f:id:nakamupapa:20180504224820p:plain

色温度が低いとっぽく、色温度が高くなるとっぽくなります

日の出や夕暮れはおよそ2000K、白熱電球はおよそ2800Kと言われています。また曇りの空はおよそ7000K、晴天の青空はおよそ10000Kになります。

また日中の太陽光はおよそ5500Kになります。ストロボの光も大体これと同じ位になります。

 

ホワイトバランスを設定する

ホワイトバランスを調整するには状況に応じてあらかじめいくつかのモードがあります。

f:id:nakamupapa:20180504231446p:plain

 

f:id:nakamupapa:20180505002614j:plain
f:id:nakamupapa:20180505002701j:plain
f:id:nakamupapa:20180505002713j:plain
f:id:nakamupapa:20180505002739j:plain
f:id:nakamupapa:20180505002753j:plain
①オート  ②白熱電球   ③白色蛍光灯    ④太陽光    ⑤曇り

ここで気が付いた方もいるかと思いますが、ホワイトバランスの色温度の表とホワイトバランスの設定の色味が逆になっています。

例えばホワイトバランスの白熱電球の設定にすると青っぽくなっているのがわかります。

これは、電球が当たっている環境下で撮影すると赤味がかるので、それを調整する為に青っぽい色にしています。

 

また、ホワイトバランスは微調整することも出来ます。細かく設定することでより自分の思い描いた写真に近付けることができます。

f:id:nakamupapa:20180505003635j:plain

 ホワイトバランスで雰囲気を変えよう

ホワイトバランスはもともと白く調整する為のものですが、この機能を使えば写真の雰囲気を変えることができます。

f:id:nakamupapa:20180503233547j:plain

オートだとこんな感じ

f:id:nakamupapa:20180503233458j:plain

色温度を下げてみたり

f:id:nakamupapa:20180503233621j:plain

『曇り』に設定してみたり

 

この様に同じ写真でもホワイトバランスを調整するだけで雰囲気がガラリと変わりますね。ホワイトバランスをマスターして、こだわりの一枚を仕上げましょう。