The Best One

カメラ好きのカメラ好きによるカメラ好きの為のブログ

【スポンサーリンク】

MENU

一眼レフとミラーレスの違いって?

f:id:nakamupapa:20180419212630j:plain

一眼カメラには主に一眼レフとミラーレス一眼があります。カメラを購入しようと思っている人でどちらにしようか迷っている人もいるかと思います。

今回は知ってる様で知らない一眼レフとミラーレス一眼の違いについて解説していきたいと思います。

 

構造的な違い

一眼レフとミラーレス一眼の最も大きな違いはミラーの有無でしょう。

一眼レフの『レフ』は「反射させる」という意味の英語の「reflex」から来ています。一眼レフカメラではレンズから通った光をカメラ上部にある光学ファインダーに反射させる為にミラーが付いています。これが一眼〝レフ〝と言われる理由です。

一方ミラーレス一眼は読んで字のごとくミラーが存在しません。レンズから取り込んだ光をセンサーで受け取り画像に変換し、小型の液晶画面である電子ファインダーに映し出します。

一眼レフはミラーの位置関係など構造上の制約が多く、似た様なカメラが多いのに対し、ミラーレス一眼はミラーがなく電子ファインダーの位置を自由にできる分、様々なデザインがあります。

またミラーがある分、一眼レフはミラーレス一眼に比べ重く大きいものが多いです。

光学ファインダーと電子ファインダー

上で説明した様に一眼レフは光学ファインダーを、ミラーレス一眼は電子ファインダーを基本的には搭載しています。このファインダーの違いも一眼レフとミラーレス一眼の大きな違いです。

光学ファインダーとは

光学ファインダーはレンズを通った光をミラーで反射して目に届けます。

光学ファインダーの特徴は

  • タイムラグがなく、素早く動くものに強い。
  • ミラーが必要な為ボディーが大きくなる。
  • ファインダー視野率が低いものが多い。
  • ミラーショックがある。
  • 露出やWBの設定をしても撮影するまでどう写るかわからない。

 

電子ファインダーとは

電子ファインダーはセンサーが受け取った光の情報をファインダー用の液晶画面に映し出してそれを見ます。

電子ファインダーの特徴は

  • タイムラグがある
  • カメラをコンパクトにできる。
  • ほとんどの機種がファインダー視野率100%
  • 露出やWBの設定をファインダーで確認できる。
  • 電力の消耗が大きい。

 

それぞれのファインダーの特徴はこの様なものになります。

光学ファインダーは電子ファインダーに比べ、タイムラグがない分、スポーツや乗り物、素早く動く動物などに向いていると言えるでしょう。またファインダー視野率に関しては、電子ファインダー搭載のミラーレスではほとんどが100%であるのに対して、光学ファインダー搭載の一眼レフでは上級機などでない限り視野率100%のものはほとんどありません。

ファインダー視野率に関してはこちらの記事をご参照ください。

www.the-bestone.net

 

画質は?

一昔前はミラーレスより一眼レフの方が画質がいいと言われていました。

しかし、本来、一眼レフとミラーレスでは画質にその差はありません。カメラの画質を決定付けるのは、レンズやセンサー、画像処理エンジンなどによる為です。

一眼レフは昔から存在する分、レンズの種類が豊富で、技術も成熟している分、ミラーレスよりも性能がいいと言われていました。

最近ではソニーのαシリーズの様なフルサイズのミラーレスも登場し、ミラーレスの技術の進歩は目覚ましいものがあります。今後、カメラの主流はコンパクトなミラーレス一眼になっていくかもしれません。