The Best One

カメラ好きのカメラ好きによるカメラ好きの為のブログ

【スポンサーリンク】

MENU

よく聞く35mm換算って何?

f:id:nakamupapa:20180325224547p:plain

「レンズが35mm換算で50mm?」

 

カメラを始めてみると必ず出てくる35mm換算という言葉があります。

これを知らないでカメラやレンズ選びをすると困ってしまうことがあります。。。

今回はこの35mm換算について簡単にできるだけわかりやすく解説していきたいと思います。

35mmの由来

まず、この35mmというのはどこから来ているのかという話ですが、これはフィルムカメラで標準となっている35mmフィルムが由来となっています。

デジタルカメラではフィルムの代わりにイメージセンサー(撮像素子)という部品があり、そのイメージセンサーのサイズの1つにフルサイズがあります。このフルサイズは35mmフィルムと同じサイズになります。

画角について

カメラで撮影される写真に写される光景の範囲を角度で表したものを画角といいます。

この画角は焦点距離とセンサーサイズによって決まってきます。

焦点距離

焦点距離とはレンズの中心点からイメージセンサー(撮像素子)までの距離の事です。焦点距離が長くなればなるほど画角は狭くなります。

f:id:nakamupapa:20180325100421p:image

 

センサーサイズ

イメージセンサー(撮像素子)とはレンズから取り込んだ光を電気信号に変える部品の事です。イメージセンサーのサイズをセンサーサイズと言います。

そしてイメージセンサーのサイズにはフルサイズ以外にも様々なサイズがあります。

 

f:id:nakamupapa:20180325222731p:plain



そしてこのイメージセンサーのサイズが変わると同じ焦点距離のレンズを装着しても写る範囲が変わってくるのです

同じ焦点距離のとき、センサーサイズが大きくなれば画角は広くなり、反対にセンサーサイズが小さくなれば画角は狭くなります。

f:id:nakamupapa:20180325194931p:plain

35mm換算とは

同じ焦点距離のレンズを装着してもセンサーサイズが違うと画角が変わってしまいます。これでは比較する際に少々面倒くさくなってしまいます。そこでわかりやすく基準を作ったのが、「35mm換算」になります。

結局のところ「35mm換算」とは、フルサイズ機で使用した場合にどれ位の焦点距離になるのかを示したものになります。

センサーサイズがAPS-Cであれば1.5倍(Canon製は1.6倍)、フォーサーズ・マイクロフォーサーズは2倍を掛けると35mm換算の焦点距離になります。

 

例えばフォーサーズのセンサーサイズのカメラに焦点距離50mmのレンズを装着した場合、35mm換算にすると焦点距離が100mmになります。つまり、フルサイズ機に焦点距離100mmのレンズを装着した時と同じ画角になります。

 

因みに各センサーサイズと焦点距離の関係は下記の様になります。

注:センサーサイズは規格として厳密に決められたものではないため、各カメラメーカー・機種により若干の大小があります。

焦点距離
(フルサイズ)
APS-C(×1.5)
23.6mm×15.6mm
キヤノンAPS-C(×1.6)
23.3mm×14.9mm
フォーサーズ、マイクロフォーサーズ(×2.0)
17.3mm×13mm
10㎜ 15㎜ 16㎜ 20㎜
12㎜ 18㎜ 19㎜ 24㎜
18㎜ 27㎜ 29㎜ 36㎜
24㎜ 36㎜ 38㎜ 48㎜
35㎜ 53㎜ 56㎜ 70㎜
50㎜ 75㎜ 80㎜ 100㎜
85㎜ 128㎜ 136㎜ 170㎜
100㎜ 150㎜ 160㎜ 200㎜
200㎜ 300㎜ 320㎜ 400㎜
300㎜ 450㎜ 480㎜ 600㎜

 

 

 

まとめ

如何だったでしょうか?35mm換算の話はややこしいですが、覚えておいて損はないです。

自分の所有するカメラ機のセンサーサイズではいくら掛ければ「35mm換算」の焦点距離になるのか?はレンズ選びの上で重要になってくるので覚えておいた方がいいかも知れません。